International Conference on Clean water governance in Africa, Water day for a better futureにて招待講演

2014年11月4-6日にチュニスでUNDPが主催した会議に招待され、講演を行いました。

Mitsuteru IRIE Exploitation of sediment in reservoirs to building up the fluoride remover unit for drinking water.

チュニジア以外のサブサハラアフリカ諸国を含む参加者のほか、フィンランド、日本からの講演者が講演を行いました。

DSCN1010

Workshop sur la valorisation de la Recherche scientifique dans le secteur de l’eauにて招待講演

去る3月17日にチュニスガマルタにてJICAが主催する水関連セクターの研究成果の社会実装にむけたワークショップで講演を行いました。

Mitsuteru IRIE:  Sedimentation in Reservoirs: Problem for sustainability or resource for new innovation?

Masamoto TAFU: On-site removal apparatus for fluoride in the water environment

ほかに日本側からは九州大学 楠田先生 横浜ウォーター 横山様、国際耕種 中山様が発表を発表を行い、チュニジアとの技術協力について議論を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタディツアー in Sfax&Gafsa&Joumine貯水池

ワークショップの後、日本からの参加者14名でリン産業に関わる2拠点とJoumine貯水池を訪問しました。

Sfax

リンの最終加工 および積み出し港

Groupe Chimique Tunisien

DSCN0098DSCN0100DSCN0096DSCN0091

(左上)廃棄物として出る石膏の山 (右上)石膏の結晶 (左下)浸出水をサンプリング (右下)フラミンゴ

Gafsa

リン鉱山および一次加工

Compagnie des phosphates de Gafsa (CPG)

DSCN0148DSCN0125DSCN0130DSCN0142

CPGの研究所です。

XRD、原子吸光、レーザー回折粒度分布計など一通りの機材がそろっていました。

リン鉱石一次加工現場 (Jabal M’dhilla)

DSCN0175DSCN0178

DSCN0199DSCN0215

以前はリンの選別を乾式で行っていて、大気汚染が酷かったが、現在は湿式で大気汚染は改善されたが、そもそも乾燥地域で水資源は貴重。排水は粒子分を沈降させたあと処理池に貯留し、一部循環利用しています。これら各過程での排水をサンプリングしました。

Joumine貯水池

DSCN0270 DSCN0286

底泥をサンプリング中

水資源管理に関わるワークショップを開催

3月8日にチュニジア国立農業学院において共同研究ワークショップを開催しました。

DSCN0064

  Workshop for the Joint Research Project

Tackle the 2 important issues of water resources in Tunisia

: Sedimentation in reservoirs and Groundwater pollution by fluoride

Fluoride contamination in Groundwater

1. Use of teeth as bormarkers of fluoride contaminant       : Abderrazek El Hedli (Monastir University)

2. Application of fluoride remover unit in Sri Lanka       : Tomonori Kawakami (Toyama Prefectural University)

3. Fluoride in drinking water       : Guissouma Wiem

4. Application development of recognizing discoloration for measuring concentration       : Kaori Kaburaki, Shoichi Furuyama (Toyama National College of Technology )

Phosphate resource and Fluoride contamination

5. Phosphate extraction and production activities in Tunisia       : Lotfi Kamoun (GCT company Sfax)

6. Water treatment by using reaction of DCPD       : Masamoto Tafu (Toyama National College of Technology )

7. Controlling the morphology of DCPD crystals       : Takeshi Toshima (Toyama National College of Technology )

8. Accurate real-time fluoride measurement module with graphical user interface       : Montassar NAJARI(University of Gabes)

Sediment Management and exploitation potential 1

10. Numerical simulation of turbid water behavior in reservoir for sediment management       : Megumi Shintake (University of Tsukuba)

11. Manufacture of Non-fired Brick in South Tunisia       : Masayoshi Fuji (Nagoya Institute of Technology)

12. Sediment valorization as construction bricks       : Sana Bouguerra, Semia Cherif, Jamila Tarhouni( National Institute of Agronomy)

Sediment management and exploitation potential 2

13. Evaluation of multiple soil and clay improvement techniques based on microbial functions       : Toshiro Hata (Toyama Prefectural University)

14. Use of Bio-filter with Immobilized Bacteria for the Reduction of Contaminants in the Cascajo Wetlands in the Republic of Peru       : Marino Morikawa (University of Tsukuba)

15. Trial production of Ceramics filter from reservoir sediment and its properties       : Sena Taga (University of Tsukuba)

DSCN0025

DSCN0030

DSCN0052DSCN0077

JICAチュニジア南南協力研修

11月18-22日にJICAチュニジアおよびチュニジアの国際協力機関であるATCTが主催する「灌漑管理・水資源管理能力強化」研修の講師として辻村教授と入江が講師を務めました。講師は主にチュニジア人で、その中に日本人の二人がスポットで講義と実習を行います。研修員はチュニジア人もいますが、フランス語圏の他のアフリカ諸国からの参加者が中心です。

今年で3回目の実施です。昨年まではかなり実務者が多かった印象ですが、今年からやや研究者や管理者寄りの参加者となりました。研修の方針が変わったようで、以後2年、同じ研修員がまたチュニジアに集まり、成果報告等を行って個々の問題抽出をして、技術的な問題点を議論するということになりました。

詳しくはJICAチュニジア事務所ニュースレターに

http://www.jica.go.jp/tunisia/office/information/event/20131212.html

http://www.jica.go.jp/tunisia/office/others/newsletter.html

科研基盤A海外学術調査 追加採択

25年度分で申請していた科研基盤A海外学術「サハラ砂漠周縁の水資源に関わる2大問題解決に向けた調査研究」が、10月になって追加採択となりました。

アイディアとしては貯水池堆積物の有効利用の一つとして、現地の地下水利用の上で問題となっている天然のフッ素汚染の解決に貢献する浄化ユニットを作ろうとする試みです。

図1

同申請に分担者として参加されている先生方がリサーチユニットのメンバーに加わりました。

「アラビア語と現地文化を知るための短期研修プログラムの帰国報告会」

今夏にヨルダン、チュニジアにアラビア語学習のために短期留学した学生たちの帰国報告会が10/30にあります

詳しくは以下にて

http://arenatsukuba.wordpress.com/2013/09/26/2013%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e8%aa%9e%e3%81%a8%e7%8f%be%e5%9c%b0%e6%96%87%e5%8c%96%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e7%9f%ad%e6%9c%9f/